受付時間
平日 9:00~12:00 16:00~19:00 
休院日 
 日曜・祝日・水/土午後

大阪メトロ御堂筋線:長居駅6番出口 徒歩2分    

ご来院前にお問い合わせください

06-6695-1843

ー 完全予約制 ー

腰椎すべり症

なぜ、どこに行っても

改善しない症状が

根本改善されるのか?

このような症状でお困りではないですか?

  • 腰を後ろに反らすと腰やお尻が痛む
  • 前かがみにすると腰が楽になる
  • 座っていると尾骨がひどく痛む
  • 常に腰がたよりないような不安感がある
  • 腰が抜けたような感じがある
  • 足にシビレがあり、外出するのに不安を感じる
  • 病院でうまくつき合っていくしかないと言われたが将来が不安

これら1つでも当てはまるのであれば、

あなたにとって

当院は必ずお役に立てます

腰椎すべり症の専門家

責任を持って施術します!

腰椎すべり症の原因

脊椎(背骨)を構成する椎骨は、通常簡単にずれることはありませんが、椎間関節や椎間板が変性することなどによってずれが生じた状態を、「脊椎すべり症」といいます。脊椎すべり症は腰椎で生じることが多く、腰痛や下肢のしびれの原因となったりします。

脊椎すべり症には、脊椎分離症を伴っている「分離すべり症」と、分離症を伴わない「変性すべり症」の2種類があります。

「分離すべり症」は、まず、分離症が先に生じます。分離症は、腰部を後ろに反らす動作や回旋運動が繰り返し行われることで腰部に過剰な負荷がかかることによって椎弓狭部(関節突起間部)に生じた疲労骨折が治らないまま分離した状態となっていることをいいます。分離症の原因である疲労骨折は、骨の成長過程である10代の成長期に激しい運動をしている子供や、スポーツ選手に多くみられ、初期に適切な治療がなされないと分離症に移行します。そして、分離部が乖離して椎体のずれを生じた状態が分離すべり症です。

「変性すべり症」は、中高年に多くみられます。疲労骨折がない状態でも、加齢に伴って椎間板(ついかんばん)が変性し不安定となり、椎体のずれを生じた状態が変性すべり症です。分離すべり症に比べて脊柱管狭窄を伴うことが多いという特徴があります。

 

症状

「分離すべり症」では、腰痛が生じやすく、腰を後ろに反らす動作など、分離部分に負荷が掛かる動作で痛みが増強します。分離部などで神経根(しんけいこん)への圧迫が生じてくると、下肢の痛みやしびれなどを生じることもあります。

「変性すべり症」では、脊柱管狭窄を伴い易いため、中を通る神経根や馬尾神経が圧迫され下肢の痛みやしびれ、間欠跛行(かんけつはこう)、排尿障害などの症状が見られます。

この様に脊椎すべり症では、すべりの不安定性の程度、椎間あるいは分離部の変性の程度、神経圧迫の部位や程度などにより、腰部から下肢にかけての種々の症状が出現します。

 

そんな当院のすべり症に対する治療についてご紹介します。

そして、その問診や検査に基づき「痛みを早く改善する施術」を行います。早く痛みをとるためには痛みの原因である筋肉の特性である筋肉の反射と血流改善機序を利用し筋肉の内側から効果的に血流を改善する施術を行います。

痛みの治療の原則は早期治療です。慢性化した痛みも諦めず私たちと一緒に改善していきましょう。

 もしすべり症でお困りの方、お薬を飲んでいるけど症状に変化がない方、他の接骨院に通っているけど良くなって来ない方は是非一度当院にご相談下さい!

精一杯サポートさせていただきます!!

もうこの悩んでいる状態から何としてでも抜け出したい!

原因を根本からよくしたい!

そんな方はぜひ当院へご連絡ください。

あなたにとって「最大限のサポート」をお約束致します。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

06-6695-1843

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/02/11
ホームページを公開しました

長居ひかり整骨院 ルミエールLUMIERE
 

住所

〒558-0004 
大阪市住吉区長居東4-8-2-202
      関西スーパー2F

アクセス

地下鉄 大阪メトロ御堂筋線
長居駅 6番出口から徒歩2分

受付時間

 平日 9:00~12:00 16:00~19:00

定休日

 日曜・祝日・水/土午後